飾り物展

[目次] 先頭へ戻る 最新情報 飾り物展とは? 飾り物の由来 これまでの飾り物 飾り物紹介動画

最新情報

平成31年のテーマは、干支「亥」と歌会始お題「光」です。
※「光」は、題名に「光」の字が入っているか、「光」に関連するものであれば可。

<平成31年 新春飾り物展 作品募集>

新春恒例の「飾り物展」への出品を募集します。
新春らしいおめでたい内容の出品をお待ちしております。

  1. テーマ
    平成31年の干支「亥」又は歌会始のお題「光」。
    ※「光」は、題名に「光」の字が入っているか、「光」に関連するものであれば可。
  2. 資格
    市内町内会や同好会、各種団体、市内在住の個人
  3. 点数
    一団体(個人)一点
    ※展示数制限のため、先着順で締め切る場合があります。
  4. 規格
    概ね幅100センチ×奥行90センチに収まること。
    ※ヤングチャレンジ部門は幅50cm
  5. 応募
    文化会館窓口で配布する応募用紙に、必要事項を記入の上、12月22日(土)までに、同窓口又は文化協会へ郵送またはFAX(34-6877)にて提出。
    または こちら からお申し込みください。

[飾り物展日程]

[ヤングチャレンジ部門]

高校生以下を対象とし、身近な道具で作る若い感性あふれる飾り物を募集します。
※「ヤングチャレンジ部門」と明記してください。

募集要項(PDF)

[目次] 先頭へ戻る 最新情報  飾り物展とは? 飾り物の由来 これまでの飾り物 飾り物紹介動画

飾り物展とは?

 飾り物は200年以上の歴史を持つ高山独自の粋な文化です。
 全国でこの例を見る地域は他には有りません。

 かつては町家の表格子を外して幔幕を張り、金屏風や銀屏風を背に飾り物を披露しました。
 町内各組が競い合っての、さながら大人の知恵比べのようでした。
 しかし時代の移り変わりとともに格子を備えた町家も少なくなり、廃れかけた一時期商店のショーウインドウで試みた事もありましたが、平成4年からは一般公募し集中展示を行なっています。

 毎年1月、その年の干支と宮中歌会始のお題をテーマに、高山市民に限って作品を募り、高山市民文化会館にて公開展示を行なっています。

[目次] 先頭へ戻る 最新情報 飾り物展とは? 飾り物の由来 これまでの飾り物 飾り物紹介動画

飾り物の由来

 天明七年(1787)、時の郡代大原正純が、陣屋稲荷の初牛祭に二十四孝の飾り物を奉納したとあるのが、文献に見られる最も古い記録で、江戸時代の中頃にはすでに恒例化していたようである。

(参考)高山市飾り物同好会編集雅び心・遊びごころ・・・飛騨高山の飾り物(PDF)

[目次] 先頭へ戻る 最新情報 飾り物展とは? 飾り物の由来 これまでの飾り物 飾り物紹介動画

これまでの飾り物

[目次] 先頭へ戻る 最新情報 飾り物展とは? 飾り物の由来 これまでの飾り物 飾り物紹介動画

飾り物の紹介動画

[目次] 先頭へ戻る 最新情報 飾り物展とは? 飾り物の由来 これまでの飾り物 飾り物紹介動画